ホーム >> Signaling Pathways >> DNA Damage/DNA Repair

DNA Damage/DNA Repair

  1. Cat.No. 商品名 インフォメーション
  2. GC19566 N-Nitrosodiethylamine N-ニトロソジエチルアミン (ジエチルニトロソアミン) は、強力な肝発癌性ジアルキルニトロソアミンです。 N-ニトロソジエチルアミンは、主にタバコの煙、水、チェダー チーズ、加工食品、揚げ物、および多くのアルコール飲料に含まれています。 N-ニトロソジエチルアミンは、DNA 修復/複製に関連する核酵素の変化に関与しています。 N-ニトロソジエチルアミンは、すべての動物種でさまざまな腫瘍を引き起こします。主な標的臓器は、鼻腔、気管、肺、食道、肝臓です。  N-Nitrosodiethylamine  Chemical Structure
  3. GC38000 β-Boswellic acid β-ボスウェリア酸は、ボスウェリア セラーテのゴム樹脂から単離されます。 . β-ボスウェリア酸は、ヒト白血病 HL-60 細胞における DNA、RNA、およびタンパク質の合成を阻害します。 β-Boswellic acid  Chemical Structure
  4. GC31365 γ-Oryzanol γ-オリザノールは、マウスの線条体における強力な DNA メチルトランスフェラーゼ (DNMT) 阻害剤です。 γ-Oryzanol  Chemical Structure
  5. GC38194 (±)-10-Hydroxycamptothecin (±)-10-ヒドロキシカンプトテシンは、トポイソメラーゼ I の活性を阻害するインドール アルカロイドであり、幅広い抗癌活性を持っています。 (±)-10-Hydroxycamptothecin  Chemical Structure
  6. GC33107 (±)-BAY-1251152 (±)-BAY-1251152 ((±)-BAY-1251152) は、BAY-1251152 のラセミ混合物です。 BAY-1251152 は、強力で選択性の高い PTEF/CDK9 阻害剤です。 (±)-BAY-1251152  Chemical Structure
  7. GC10867 (+)-Aphidicolin (+)-アフィジコリンは DNA ポリメラーゼ α および δ の阻害剤であり、DNA ポリメラーゼ活性を妨害することによって有糸分裂細胞分裂を防ぎます。 (+)-Aphidicolin  Chemical Structure
  8. GC34955 (+)-CBI-CDPI1 (+)-CBI-CDPI1 は、CC-1065 の拡張機能アナログです。 (+)-CBI-CDPI1 は DNA アルキル化剤です。 (+)-CBI-CDPI1 は、抗体薬物複合体 (ADC) 毒素です。 (+)-CBI-CDPI1  Chemical Structure
  9. GC34956 (+)-CBI-CDPI2 (+)-CBI-CDPI2 は、CC-1065 の拡張機能アナログです。 (+)-CBI-CDPI1 は DNA アルキル化剤です。 (+)-CBI-CDPI2 は、抗体薬物複合体 (ADC) 毒素です。 (+)-CBI-CDPI2  Chemical Structure
  10. GC32429 (-)-BAY-1251152 (-)-BAY-1251152 ((-)-BAY-1251152) は、BAY-1251152 の回転 (-) を持つエナンチオマーです。 BAY-1251152 は、強力で選択性の高い PTEF/CDK9 阻害剤です。 (-)-BAY-1251152  Chemical Structure
  11. GC48635 (-)-Cryptopleurine An alkaloid with diverse biological activities (-)-Cryptopleurine  Chemical Structure
  12. GC40076 (-)-Voacangarine (-)-Voacangarine is an indole alkaloid originally isolated from V. (-)-Voacangarine  Chemical Structure
  13. GC38377 (2S,3R)-Voruciclib hydrochloride (2S,3R)-ボルシクリブ塩酸塩は、ボルシクリブ塩酸塩のエナンチオマーです。 (2S,3R)-Voruciclib は、経口で活性な CDK 阻害剤です。 (2S,3R)-Voruciclib hydrochloride  Chemical Structure
  14. GC41695 (6R,S)-5,6,7,8-Tetrahydrofolic Acid (hydrochloride) (6R,S)-5,6,7,8-Tetrahydrofolic acid (THFA), the reduced form of folic acid, serves as a cofactor in methyltransferase reactions and is the major one-carbon carrier in one carbon metabolism. (6R,S)-5,6,7,8-Tetrahydrofolic Acid (hydrochloride)  Chemical Structure
  15. GC41088 (6S)-Tetrahydrofolic Acid (6S)-Tetrahydrofolic acid is a diastereomer of tetrahydrofolic acid, a reduced form of folic acid that serves as a cofactor in methyltransferase reactions and is the major one-carbon carrier in one carbon metabolism. (6S)-Tetrahydrofolic Acid  Chemical Structure
  16. GC62735 (E/Z)-GO289 (E/Z)-GO289 は、強力で選択的なカゼインキナーゼ 2 (CK2) 阻害剤です (IC50=7 nM)。 (E/Z)-GO289 は概日周期を大幅に延長します。 (E/Z)-GO289 は、細胞時計機能と相関する癌細胞増殖の細胞型依存性阻害を示します。 (E/Z)-GO289  Chemical Structure
  17. GC64429 (E/Z)-Zotiraciclib citrate (E/Z)-Zotiraciclib citrate は、強力な CDK2、JAK2、および FLT3 阻害剤です。 (E/Z)-Zotiraciclib citrate  Chemical Structure
  18. GC63864 (E/Z)-Zotiraciclib hydrochloride (E/Z)-ゾチラシクリブ ((E/Z)-TG02) 塩酸塩は、強力な CDK2、JAK2、および FLT3 阻害剤です。 (E/Z)-Zotiraciclib hydrochloride  Chemical Structure
  19. GC41716 (R)-CR8 (R)-CR8 (CR8) はロスコビチンの第 2 世代類似体であり、強力な CDK1/2/5/7/9 阻害剤です。 (R)-CR8  Chemical Structure
  20. GC39281 (R)-CR8 trihydrochloride (R)-CR8 (CR8) 三塩酸塩は、ロスコビチンの第 2 世代類似体であり、強力な CDK1/2/5/7/9 阻害剤です。 (R)-CR8 trihydrochloride  Chemical Structure
  21. GC64210 (R)-GSK-3685032 (R)-GSK-3685032 は、GSK-3685032 の R-エナンチオマーです。 GSK-3685032 は、0.036 μM の IC50 を持つ、非時間依存性、非共有結合性、ファーストインクラスの可逆的 DNMT1 選択的阻害剤です。 GSK-3685032 は、DNA メチル化の強力な損失、転写活性化、およびがん細胞増殖阻害を誘導します。 (R)-GSK-3685032  Chemical Structure
  22. GC41633 (R)-Prunasin (R)-プルナシンは、DNA ポリメラーゼ β の阻害剤です。 (R)-Prunasin  Chemical Structure
  23. GC34124 (rel)-MC180295 (rel)-MC180295 ((rel)-(rel)-MC180295) は、強力かつ選択的な CDK9-サイクリン T1 阻害剤であり、IC50 は 5 nM であり、他の CDK よりも CDK9 に対して少なくとも 22 倍選択的です。 (rel)-MC180295 は GSK-3α も阻害します。およびGSK-3β。 (rel)-MC180295 ((rel)-(rel)-MC180295) には強力な抗腫瘍効果があります。 (rel)-MC180295  Chemical Structure
  24. GC10098 (S)-10-Hydroxycamptothecin (S)-10-ヒドロキシカンプトテシン (10-HCPT;10-ヒドロキシカンプトテシン) は、中国の植物 Camptotheca accuminata から分離された DNA トポイソメラーゼ I 阻害剤です。 (S)-10-ヒドロキシカンプトテシンは、顕著なアポトーシス誘導効果を示します。 (S)-10-ヒドロキシカンプトテシンは、肝癌、胃癌、結腸癌および白血病治療の可能性を秘めています。 (S)-10-Hydroxycamptothecin  Chemical Structure
  25. GC34999 (S)-Ceralasertib (S)-Ceralasertib ((S)-AZD6738) は、特許 WO2011154737A1 から抽出された化合物 II であり、2.578 nM の IC50 を示します。 (S)-Ceralasertib は、水溶性を改善するように開発され、CYP3A4 の時間依存性阻害を排除します。 (S)-Ceralasertib  Chemical Structure
  26. GC46351 (S)-CR8 (S)-CR8 は、CR8 の S 異性体です。 (S)-CR8 は、CDK2/サイクリン E、CDK2/サイクリン A、CDK9/サイクリン T、CDK5/p25、および CDK1/サイクリンに対する IC50 が 0.060、0.080、0.11、0.12、0.15 μM の強力かつ選択的な CDK 阻害剤です。 B、それぞれ。 (S)-CR8 は、SH-SY5Y 細胞の生存率を低下させます (IC50 0.40 μM)。 (S)-CR8  Chemical Structure
  27. GC13136 (S)-Crizotinib (S)-クリゾチニブは、IC50 が 330 nM の強力かつ選択的な MTH1 (mutT ホモログ) 阻害剤です。 (S)-クリゾチニブは、MTH1 阻害を介してヌクレオチド プールの恒常性を破壊し、DNA 一本鎖切断の増加を誘導し、ヒト結腸癌細胞の DNA 修復を活性化し、動物モデルの腫瘍増殖を効果的に抑制します。 (S)-Crizotinib  Chemical Structure
  28. GC60421 (S)-Seco-Duocarmycin SA (S)-セコ-デュオカルマイシン SA は DNA アルキル化剤であり、がん細胞に対して細胞毒性があり、抗体薬物複合体の ADC 細胞毒素として機能します。 (S)-Seco-Duocarmycin SA  Chemical Structure
  29. GC39842 (Z)-4EGI-1 (Z)-4EGI-1 は 4EGI-1 の Z 異性体であり、eIF4E/eIF4G 相互作用および翻訳開始の阻害剤です。 (Z)-4EGI-1 は、43.5 μM の IC50 および 8.74 μM の Kd 値で効果的に eIF4E に結合します。 (Z)-4EGI-1 には抗がん作用があります。 (Z)-4EGI-1  Chemical Structure
  30. GC19528 1,4-Benzoquinone A toxic metabolite of benzene 1,4-Benzoquinone  Chemical Structure
  31. GC41859 1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene 1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene is a bicyclic guanidine base that can be used as a catalyst for a variety of base-mediated organic transformations, including Michael additions, Wittig reactions, Henry reactions, and transesterification reactions. 1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene  Chemical Structure
  32. GC65551 1-(2'-O-4-C-Methylene-beta-D-ribofuranosyl)thymine 1-(&2#39;-O-4-C-メチレン-ベータ-D-リボフラノシル)チミンは、二環式ヌクレオシドです。 1-(2'-O-4-C-Methylene-beta-D-ribofuranosyl)thymine  Chemical Structure
  33. GC49470 1-Ethyl-1-nitrosourea (hydrate) A DNA alkylating agent 1-Ethyl-1-nitrosourea (hydrate)  Chemical Structure
  34. GC48909 1-Hydroxyanthraquinone 1-ヒドロキシアントラキノンは、タベブイア・アベラネダエなどの一部の植物からの経口活性を持つ天然化合物で、発がん作用を示します。 1-Hydroxyanthraquinone  Chemical Structure
  35. GC65038 1-Methylinosine 1-メチルイノシンは、真核生物の tRNA のアンチコドンの 3' 側の tRNA の 37 位に見られる修飾ヌクレオチドです 。 1-Methylinosine  Chemical Structure
  36. GC63796 116-9e 116-9e (MAL2-11B) は、Hsp70 コシャペロン DNAJA1 阻害剤です。 116-9e  Chemical Structure
  37. GC46474 18-Deoxyherboxidiene 18-Deoxyherboxidiene (RQN-18690A) は強力な血管新生阻害剤です。 18-Deoxyherboxidiene  Chemical Structure
  38. GC65489 2'-F-Bz-dC Phosphoramidite &2#39;-F-Bz-dC ホスホラミダイトは、オリゴリボヌクレオチドの合成に使用できます。 2'-F-Bz-dC Phosphoramidite  Chemical Structure
  39. GC52183 2'-O-Methyl-5-methyluridine 2'-O-Methyl-5-methyluridine  Chemical Structure
  40. GC65170 2′,3′-Di-O-acetylguanosine &2#8242;,3′-ジ-O-アセチルグアノシンはヌクレオシド類似体です。 2′,3′-Di-O-acetylguanosine  Chemical Structure
  41. GC61667 2′-Deoxy-2′-fluoroadenosine &2#8242;-Deoxy-&2#8242;-フルオロアデノシンは、RNA とハイブリダイズした 2'-Deoxy-2'-フルオロ修飾オリゴヌクレオチドの合成に使用できます。 &2#8242;-Deoxy-&2#8242;-フルオロアデノシンは、大腸菌プリンヌクレオシドホスホリラーゼ (PNP) によって毒性物質 2-フルオロアデニン (FAde) に効率的に切断されます。 &2#8242;-Deoxy-&2#8242;-フルオロアデノシンは、大腸菌 PNP を発現する腫瘍に対して優れた in vivo 活性を示します。 2′-Deoxy-2′-fluoroadenosine  Chemical Structure
  42. GC62530 2’-O-Me-C(Bz) Phosphoramidite &2rsquo;-O-Me-C(Bz) ホスホラミダイトは、修飾されたホスホラミダイト モノマーであり、オリゴヌクレオチド合成に使用できます。 2’-O-Me-C(Bz) Phosphoramidite  Chemical Structure
  43. GC62529 2’-OMe-A(Bz) Phosphoramidite &2rsquo;-OMe-A(Bz) Phosphoramidite は修飾された Phosphoramidite モノマーで、オリゴヌクレオチド合成に使用できます。 2’-OMe-A(Bz) Phosphoramidite  Chemical Structure
  44. GC62531 2’-OMe-G(ibu) Phosphoramidite &2rsquo;-OMe-G(ibu) ホスホラミダイトは、修飾されたホスホラミダイト モノマーであり、オリゴヌクレオチド合成に使用できます。 2’-OMe-G(ibu) Phosphoramidite  Chemical Structure
  45. GC46508 2',2'-Difluoro-2'-deoxyuridine An active metabolite of gemcitabine 2',2'-Difluoro-2'-deoxyuridine  Chemical Structure
  46. GC42061 2',3'-Dideoxyadenosine 5'-triphosphate 2',3'-Dideoxyadenosine 5'-triphosphate (2',3'-Dideoxyadenosine 5'-triphosphate), an active metabolite of 2',3'-dideoxyinosine, is a chain-elongating inhibitor of DNA polymerase. 2',3'-Dideoxyadenosine 5'-triphosphate  Chemical Structure
  47. GC46519 2',3'-O-Isopropylideneguanosine A building block 2',3'-O-Isopropylideneguanosine  Chemical Structure
  48. GC46540 2'-Deoxyadenosine-5'-triphosphate (sodium salt hydrate) A purine nucleotide 2'-Deoxyadenosine-5'-triphosphate (sodium salt hydrate)  Chemical Structure
  49. GC48440 2'-Deoxycytidine-5'-triphosphate (sodium salt) 2'-デオキシシチジン-5'-三リン酸 (ナトリウム塩) (dCTP 三ナトリウム塩) は、DNA 合成に使用できるヌクレオシド三リン酸です。 2'-Deoxycytidine-5'-triphosphate (sodium salt)  Chemical Structure
  50. GC42151 2'-Deoxyguanosine 5'-monophosphate (sodium salt hydrate) 2'-Deoxyguanosine 5'-monophosphate (dGMP) is used as a substrate of guanylate kinases to generate dGDP, which in turn is phosphorylated to dGTP, a nucleotide precursor used in DNA synthesis. 2'-Deoxyguanosine 5'-monophosphate (sodium salt hydrate)  Chemical Structure
  51. GC33430 2'-Deoxypseudoisocytidine 2'-デオキシプソイドイソシチジンはヌクレオシド類似体です。 2'-Deoxypseudoisocytidine  Chemical Structure
  52. GC35072 2'-O,4'-C-Methyleneuridine 2'-O,4'-C-メチレンウリジン (化合物 15a) は二環式ヌクレオシドです。 2'-O,4'-C-Methyleneuridine  Chemical Structure
  53. GC42080 2'2'-cGAMP (sodium salt) 2'2'-cGAMP is a synthetic dinucleotide (CDN) that contains non-canonical 2'5'-phosphodiester bonds. 2'2'-cGAMP (sodium salt)  Chemical Structure
  54. GC64399 2,4,6-Trihydroxybenzoic acid フラボノイド代謝産物である 2,4,6-トリヒドロキシ安息香酸は、CDK 阻害剤です。 2,4,6-トリヒドロキシ安息香酸は、がんの研究に使用できます。 2,4,6-Trihydroxybenzoic acid  Chemical Structure
  55. GC60459 2,4-D (2,4-Dichlorophenoxyacetic acid) 2,4-D (2,4-ジクロロフェノキシ酢酸) (2,4-D (2,4-ジクロロフェノキシ酢酸) イクロロフェノキシ酢酸) は、広葉雑草を防除するための選択的浸透性除草剤です。 2,4-D (2,4-Dichlorophenoxyacetic acid)   Chemical Structure
  56. GC46524 2,6-Dichloropurine-9-β-D-riboside A building block 2,6-Dichloropurine-9-β-D-riboside  Chemical Structure
  57. GC33496 2-(Methylamino)-1H-purin-6(7H)-one (N2-methylguanine) 2-(メチルアミノ)-1H-プリン-6(7H)-オン (N2-メチルグアニン) (N2-メチルグアニン) は修飾ヌクレオシドです。 2-(Methylamino)-1H-purin-6(7H)-one (N2-methylguanine)  Chemical Structure
  58. GC64983 2-Amino-2'-deoxyadenosine 2-アミノ-&2#39;-デオキシアデノシンは、オリゴヌクレオチド合成に使用されるデオキシリボヌクレオシドです。 2-Amino-2'-deoxyadenosine  Chemical Structure
  59. GC39527 2-O-Methylcytosine O-アルキル化類似体である DNA 付加体である 2-O-メチルシトシンは、損傷した核酸塩基です。 2-O-Methylcytosine  Chemical Structure
  60. GC49348 2-Thiocytidine A modified nucleobase 2-Thiocytidine  Chemical Structure
  61. GC42197 2-Thiouridine 2-Thiouridine (s2U) is a modified nucleobase found in tRNAs that is known to stabilize U:A pairs and modestly destabilize U:G wobble pairs. 2-Thiouridine  Chemical Structure
  62. GC65083 3'-Azido-3'-deoxy-5-fluorocytidine 3'-アジド-3'-デオキシ-5-フルオロシチジン (化合物 12) はシチジン誘導体です。 3'-Azido-3'-deoxy-5-fluorocytidine  Chemical Structure
  63. GC64985 3'-O-Methylguanosine 3'-O-メチルグアノシンは、メチル化ヌクレオシド類似体であり、RNA 鎖ターミネーターです。 3'-O-Methylguanosine  Chemical Structure
  64. GC40618 3',4',7-Trihydroxyisoflavone 3',4&7#39;,7-トリヒドロキシイソフラボンは、ダイゼインの主要な代謝産物であり、Cot (Tpl2/MAP3K8) および MKK4 の ATP 競合阻害剤です。 3',4&7#39;,7-トリヒドロキシイソフラボンには、抗がん、抗血管新生、化学保護、およびフリーラジカル消去活性があります。 3',4',7-Trihydroxyisoflavone  Chemical Structure
  65. GC35105 3'-Azido-3'-deoxy-beta-L-uridine 3'-アジド-3'-デオキシ-ベータ-L-ウリジン (化合物 25) はヌクレオシド誘導体です。 3'-Azido-3'-deoxy-beta-L-uridine  Chemical Structure
  66. GC60023 3'-Deoxyuridine-5'-triphosphate 3'-デオキシウリジン-5'-三リン酸 (3'-dUTP) は、DNA 依存性 RNA ポリメラーゼ I および II を阻害するヌクレオチド類似体です。 3'-Deoxyuridine-5'-triphosphate  Chemical Structure
  67. GC61862 3'-Deoxyuridine-5'-triphosphate trisodium 3'-デオキシウリジン-5'-三リン酸三ナトリウム (3'-dUTP 三ナトリウム) は、DNA 依存性 RNA ポリメラーゼ I および II を阻害するヌクレオチド類似体です。 3'-Deoxyuridine-5'-triphosphate trisodium  Chemical Structure
  68. GC45332 3'-Dephosphocoenzyme A An intermediate in the biosynthesis of CoA 3'-Dephosphocoenzyme A  Chemical Structure
  69. GC34384 3,6-DMAD hydrochloride アクリジン誘導体である 3,6-DMAD 塩酸塩は、強力な IRE1α-XBP1s 経路阻害剤です。 3,6-DMAD 塩酸塩は、IRE1α-XBP1s 経路を介して IL-6 分泌を促進します。 3,6-DMAD 塩酸塩は、IRE1α オリゴマー化およびエンドリボヌクレアーゼ (RNase) 活性を阻害します。 3,6-DMAD塩酸塩はがんの研究に使用できます。 3,6-DMAD hydrochloride  Chemical Structure
  70. GC34452 3,7,4'-Trihydroxyflavone Rhus javanica var. から分離された 3,7,4'-トリヒドロキシフラボン 3,7,4'-Trihydroxyflavone  Chemical Structure
  71. GC52129 3-Amino-5-hydroxybenzoic Acid 3-Amino-5-hydroxybenzoic Acid  Chemical Structure
  72. GC13510 3-AP 3-AP (PAN-811) は、リボヌクレオチド還元酵素 (RR) の M2 サブユニットの強力な阻害剤であり、強力な放射線増感剤です。 3-AP  Chemical Structure
  73. GC48457 3-keto Fusidic Acid An active metabolite of fusidic acid 3-keto Fusidic Acid  Chemical Structure
  74. GC65084 3-Methylcytidine 尿中のヌクレオシドである 3-メチルシチジンは、肺がん、胃がん、結腸がん、乳がんの 4 種類のがんのバイオマーカーとして使用できます。 3-Methylcytidine  Chemical Structure
  75. GC15389 360A 360A は G-quadruplex の選択的安定剤であり、TRAP-G4 アッセイにおけるテロメラーゼの IC50 は 300 nM で、テロメラーゼ活性も阻害します。 360A  Chemical Structure
  76. GC10115 360A iodide ヨウ化 360A は、G-四重鎖の選択的安定剤であり、TRAP-G4 アッセイにおけるテロメラーゼの IC50 が 300 nM で、テロメラーゼ活性も阻害します。 360A iodide  Chemical Structure
  77. GC14493 4μ8C 4μ8C (IRE1 Inhibitor III) は IRE1α の低分子阻害剤です。 4μ8C  Chemical Structure
  78. GC17271 4'-Demethylepipodophyllotoxin 4'-デメチルエピポドフィロトキシン (4'-DMEP) は、ポドフィロトキシン型の抗がん剤を調製するための重要な中間化合物です。微小管集合の強力な阻害剤。 4'-Demethylepipodophyllotoxin  Chemical Structure
  79. GC46607 4-(Methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone A tobacco-specific nitrosamine carcinogen 4-(Methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanone  Chemical Structure
  80. GC11761 4-amino-1,8-Naphthalimide 4-アミノ-1,8-ナフタルイミドは強力な PARP 阻害剤であり、がん細胞の放射線の細胞毒性を増強します。 4-amino-1,8-Naphthalimide  Chemical Structure
  81. GC16474 4-HQN 4-HQN は、化学合成のビルディング ブロックです。 4-HQN  Chemical Structure
  82. GC42401 4-hydroperoxy Cyclophosphamide 4-ヒドロペルオキシ シクロホスファミドは、プロドラッグ シクロホスファミドの活性代謝物です。 4-hydroperoxy Cyclophosphamide  Chemical Structure
  83. GC18853 4-isocyanato TEMPO 4-isocyanato TEMPO is a spin labeling reagent used to label the 2'-position in RNA. 4-isocyanato TEMPO  Chemical Structure
  84. GC61683 4-Methoxyphenethyl alcohol 芳香族アルコールである4-メトキシフェネチルアルコールは、Aによって生成されるアニス様の臭いの主成分です. 4-Methoxyphenethyl alcohol  Chemical Structure
  85. GC49127 4-oxo Cyclophosphamide An inactive metabolite of cyclophosphamide 4-oxo Cyclophosphamide  Chemical Structure
  86. GC42464 4-oxo-2-Nonenal

    4-hydroxy Nonenal is a lipid peroxidation product derived from oxidized ω-6 polyunsaturated fatty acids such as arachidonic acid and linoleic acid.

    4-oxo-2-Nonenal  Chemical Structure
  87. GC45353 4-oxo-27-TBDMS Withaferin A 4-オキソ-27-TBDMS ウィザフェリン A、ウィザフェリン A 誘導体は、腫瘍細胞に対して強力な抗増殖効果を示します。4-オキソ-27-TBDMS ウィザフェリン A は、腫瘍細胞のアポトーシスを誘導します。 4-オキソ-27-TBDMS ウィザフェリン A は抗がん剤です。 4-oxo-27-TBDMS Withaferin A  Chemical Structure
  88. GC40477 4-Thiouracil 4-Thiouracil is a site-specific, photoactivatable probe used to detect RNA structures and nucleic acid-nucleic acid contacts. 4-Thiouracil  Chemical Structure
  89. GC42474 4-Thiouridine 4-チオウリジンはリボヌクレオシド類似体で、RNA 分析や (m)RNA 標識に広く使用されています。 4-Thiouridine  Chemical Structure
  90. GC13104 4E1RCat 4E1RCat はキャップ依存性翻訳の阻害剤であり、eIF4E:eIF4GI 相互作用を阻害し、IC50 は約 4 μM です。 4E1RCat  Chemical Structure
  91. GC30785 4E2RCat 4E2RCat は、13.5 μM の IC50 を持つ eIF4E-eIF4G 相互作用の阻害剤です。 4E2RCat  Chemical Structure
  92. GC10468 4EGI-1 4EGI-1 は eIF4E/eIF4G 相互作用の阻害剤であり、eIF4E 結合に対する Kd は 25 μM です。 4EGI-1  Chemical Structure
  93. GC12667 4SC-202 4SC-202 (4SC-202) は、HDAC1、HDAC2、および HDAC3 の IC50 がそれぞれ 1.20 μM、1.12 μM、および 0.57 μM の選択的クラス I HDAC 阻害剤です。また、リジン特異的デメチラーゼ 1 (LSD1) に対する阻害活性も示します。 4SC-202  Chemical Structure
  94. GC65520 5'-DMT-3'-TBDMS-ibu-rG 5'-DMT-3'-TBDMS-ibu-rG は修飾ヌクレオシドです。 5'-DMT-3'-TBDMS-ibu-rG  Chemical Structure
  95. GC65402 5'-O-DMT-2'-O-TBDMS-Bz-rC 5'-O-DMT-&2#39;-O-TBDMS-Bz-rC は修飾ヌクレオシドであり、DNA または RNA の合成に使用できます。 5'-O-DMT-2'-O-TBDMS-Bz-rC  Chemical Structure
  96. GC65164 5'-O-DMT-2'-O-TBDMS-rI 5'-O-DMT-&2#39;-O-TBDMS-rI は修飾ヌクレオシドです。 5'-O-DMT-2'-O-TBDMS-rI  Chemical Structure
  97. GC65396 5'-O-DMT-ibu-dC 5'-O-DMT-ibu-dC は、オリゴデオキシリボヌクレオチドの合成に使用できます。 5'-O-DMT-ibu-dC  Chemical Structure
  98. GC64982 5'-O-DMT-N2-DMF-dG 5'-O-DMT-2'-O-TBDMS-rI は修飾ヌクレオシドです。 5'-O-DMT-N2-DMF-dG  Chemical Structure
  99. GC65482 5'-O-DMT-N6-ibu-dA 5'-O-DMT-N6-ibu-dA は、オリゴデオキシリボヌクレオチドの合成に使用できます。 5'-O-DMT-N6-ibu-dA  Chemical Structure
  100. GC65562 5'-O-DMT-N6-Me-2'-dA 5'-O-DMT-N6-Me-&2#39;-dA は、保護および修飾効果を持つヌクレオシドです。 5'-O-DMT-N6-Me-2'-dA  Chemical Structure
  101. GC65401 5'-O-TBDMS-dU 5'-O-TBDMS-dU は、オリゴリボヌクレオチドの合成に使用できます。 5'-O-TBDMS-dU  Chemical Structure

1 から 100 のアイテムの 1302 合計

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

降順